派遣社員とパート・アルバイトの違いとは?それぞれの特徴を比較!

公開日:2024/03/15  最終更新日:2024/01/18

アルバイト

派遣とパート、どちらが自分に合うか悩んでいる方もいるでしょう。そこで本記事では、両者の特徴や適した働き方について解説します。それぞれのメリットやデメリットを理解し、自分のキャリアや生活に合致する雇用形態を見つけましょう。異なる働き方による経験やスキルの向上、ライフワークバランスの実現など、重要なポイントを探求します。

派遣社員とパート・アルバイトの違いとは?

派遣社員もパート・アルバイトもともに、柔軟な働き方を提供する非正規雇用の形態ですが、それぞれに特有の違いが存在します。

雇用形態と契約条件

派遣社員は派遣会社との雇用契約を結び、派遣会社が派遣先企業での業務を決定します。一方でパート・アルバイトは、雇用主である企業と直接に契約を結び、その企業で業務をおこないます。派遣社員は契約内容が派遣先企業と派遣会社の双方によって厳密に規定され、業務内容の変更は派遣会社を通して調整されますが、パート・アルバイトはより柔軟な契約になります。

勤務期間と柔軟性

通常、派遣社員は同一組織での働き方に制限があり、基本的に3年をめどに異なる派遣先企業に移動します。これに対し、パート・アルバイトには明確な期間の制限がなく、柔軟な雇用期間やシフトの調整が可能です。アルバイトは個人の都合に合わせて勤務日数や時間を選択しやすいという特徴があります。

業務内容と契約の明確性

派遣社員は派遣先企業と派遣会社との間で、契約に基づいて具体的な業務内容が事前に定められます。変更が生じる際も契約通りに調整されます。これに対し、パート・アルバイトの契約は簡易的であり、口頭での説明が主流です。そのため業務内容の変動が生じやすいといえます。

給与と福利厚生

派遣社員の給与は派遣会社が支給し、一般にアルバイトやパートよりも高い傾向があります。これは、スキルや経験に基づいて労働者がスクリーニングされるためです。福利厚生においても、派遣社員は一定の条件を満たせば社会保険への加入が可能ですが、アルバイト・パートは加入の条件がより厳しくなります。

パート・アルバイトとして働くメリット・デメリット

パート・アルバイトは仕事に必要な条件が緩く、未経験者向けのチャンスがある反面、収入や将来に対する安定性には制約があるといえます。

パート・アルバイトのメリット

パート・アルバイトの魅力は、柔軟な働き方が可能な点です。勤務時間や日数が派遣社員に比べて少ないことが多く、自分の都合に合わせて働くことができます。これにより、学業や家庭との両立がしやすく、ライフスタイルに合わせて働けます。また、多くのパート・アルバイトの求人は未経験者歓迎となっており、新しい分野にチャレンジするよい機会となっています。

経験を積みながらキャリアを築くステップとして選ばれる傾向があります。さらに、パート・アルバイトは、短時間の労働が一般的であり、ほかの仕事や活動との両立がしやすい条件をそなえています。複数の仕事を掛けもつことによって、異なる分野でスキルを磨くことも可能です。また、さまざまな職種や業種で求人があり、自分の興味やスキルに合った仕事を見つけやすいのもメリットです。こういった条件により、幅広い経験を積みながらの自己成長が期待できます。

パート・アルバトのデメリット

パート・アルバイトの時給は、一般的に派遣や正社員に比べて低い傾向があります。短時間の勤務や未経験者向けの仕事が多いため、高収入を得ることが難しいのです。また、パート・アルバイトは短期的な雇用が一般的であり、そのため社会的信用を得にくいという側面もあります。一定のキャリアや専門性が求められないため、一般的な雇用と比較しての信用度が低くなるのです。

さらに、正社員と比較して福利厚生が不足していることが挙げられます。社会保険の加入条件がクリアしにくく、賞与や退職金などの手当ても一般的には得られないため、将来への不安が生じる可能性があります。

派遣社員として働くメリット・デメリット

派遣社員として働くことは、柔軟な働き方によってさまざまな仕事の経験を得られる一方で、一定の制約や不確実性をともないます。以下に、そのメリットとデメリットを探ってみましょう。

派遣社員のメリット

派遣社員はさまざまな業界や職種で働く機会があります。これにより、自身のスキルや興味を広げ、キャリアの幅を拡大することができます。また、派遣先が変われば、その企業の文化や業務スタイルも異なります。こういった違いに柔軟に適応することに慣れれば、新しい環境でのスタートもスムーズにこなせるでしょう。

さらに、派遣会社はスキルアップや資格取得をサポートすることがあります。この機会を生かして、専門性を高めつつ、自らの市場価値を向上させることが可能です。派遣先でトラブルが生じた場合、派遣会社が仲介役としてフォローしてくれます。時給の交渉や問題解決などにおいては頼りになります。

派遣社員のデメリット

派遣契約は原則として最大3年までとなっています。このような限定のため、将来の安定性に不安を抱えることになりかねません。また、同じ派遣先でも派遣会社によって待遇が異なる場合があります。

その場合、同じ仕事をしているにもかかわらず、時給や福利厚生に格差が生じることになります。加えて、派遣社員は常に派遣会社との契約に依存しています。このため雇用形態に不透明感を感じ、将来の計画を立てることが難しいという声もあります。

まとめ

派遣社員とパート・アルバイトは、それぞれ異なるメリット・デメリットを持っています。パート・アルバイトは柔軟な働き方が魅力で、未経験者や新たな分野への挑戦者に適していますが、雇用が不安定で給料も安い傾向があります。一方、派遣社員は派遣会社の安定したサポートを得ながら多様な経験とスキルアップを目指せますが、雇用期間が限定され、企業ごとに待遇が異なります。自身のライフワークバランスや職場環境に合わせて、適切な雇用形態を選ぶことが大切です。

【大阪府】おすすめの製造業に強い派遣会社5選

イメージ
会社名株式会社ウイルテックアウトソーシング/はたらくヨロコビ日研トータルソーシング/e仕事UTエイム/JOBPAL日総工産/工場求人ナビ
特徴資格取得支援や男性育休取得実績など働きやすい支援が豊富国内大手メーカーで働けるチャンス多数!未経験OKの仕事も経験を活かした仕事も、これから経験を積みたい人も仕事が見つかる従業員2万人以上のUTグループ!福利厚生が充実給与の前払いに対応!サポート体制も充実で安心
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索
製造業派遣関連コラム