製造業の派遣社員として働くメリット・デメリットについて解説!

公開日:2022/11/28  最終更新日:2022/11/29

派遣社員の強みは、自身の希望をもとに、就業時間や勤務地などを選択できる点といえます。職種に関しても、事務系の仕事や営業系の仕事、製造業の仕事など、幅広い中から選択することが可能です。それでは、製造業の派遣社員として働く際は一体どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。今回の記事ではその点を掘り下げて解説します。

製造業派遣の仕事の特徴

製造業という職種には、どのようなイメージがあるでしょうか。工場内でのライン作業や座り仕事など、身体が資本となる労働が多いといったイメージを抱くのではないでしょうか。確かに、体力勝負といった点はほかの職種と比較しても多い部分があるのかもしれませんが、製造業にはさまざまな特徴があります。

勤務時間が特殊

製造業は、勤務時間が特徴的です。結論からいえば、日中が勤務時間とは限らずシフト制を取っている勤務先も少なくはないため、夜間での勤務となることもよくあります。事務系や営業系の仕事では夜間に働く機会はほぼないため、勤務時間の違いが一番の特徴といえるかもしれません。

チームとして派遣される

事務系などの場合は個人での派遣となりますが、製造業に関しては、5人一組などチームとして派遣される機会が多くあります。チーム全体で作業を行うことも多いため、そもそもの派遣の仕方にも特徴があるのです。

勤務地が特殊な場合が多い

製造業を営むためには、生産工場や生産ラインなど、広大な立地が必要となります。広い土地が必要となるため、オフィス街の都心や街の中心部に工場を置いている企業は少なくなります。

結論からいえば、地方や郊外に工場をかまえている企業が多く、アクセスがあまりよくない場所が勤務地となる機会が多いのです。通勤に関しても、公共交通機関とリンクしていなかったり、車での通勤が必要となったりする場合もあるため、通勤方法に関しては事前に確認しておくとよいでしょう。

製造業の派遣社員として働くメリット

製造業の派遣社員として働く際に、得られるメリットはさまざまです。代表的な点をピックアップします。

勤務条件が多彩

事務系の派遣と比べて勤務条件が多彩で、勤務時間も幅広く選択できます。事務系の派遣のように、平日の日中の勤務が当たり前ではありません。24時間365日稼働の勤務先であれば、土日祝日、夜間での勤務もできるため、必然的に高い時給で働くことも可能です。

キャリアアップできる可能性がある

2つ目のメリットは、将来を見据えたキャリアアップができるという点です。製造業で働く際、事前に研修を行う機会が多いので、手に職をつける感覚で働くことができます。後々に転職したいと考えている場合は、非常に大きなメリットといえます。

勤務先によっては多様な研修を行っているところもあるので、明確なライフプランがある際は勤務先の研修内容について調べておくとよいでしょう。

自分に合っているかどうか、確認ができる

製造業で働きたくても、本当に自分に合っているのかどうかが不安な場合、まずは現場に触れてみるという形で、従事ができる点は派遣社員のメリットとなります。

製造業が自分に合っていると感じた場合は、正社員として働く方法を考えればよいのです。派遣会社によっては、社員に登用する制度が設けられているケースもあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

製造業の派遣社員として働くデメリット

メリットを感じられる反面で、製造業の派遣社員にはデメリットも存在するため、あらかじめ頭に入れておくとよいでしょう。

肉体労働が多い

製造業は、よくも悪くも体力勝負となる仕事が多いです。体力に自信がない場合は、おすすめできない職種かもしれません。検品や梱包など比較的労力が低い作業内容もありますが、重たい部品を取り扱う機会も多いため、女性では対応が難しいなど、簡単ではない点も多いといえます。

規則正しい生活を送りにくい

前述したとおり、勤務時間がシフト制であったり、夜間勤務があったり、一定単位ごとで勤務時間が交代することもよくあるため、規則正しい生活を送りにくいという点があります。とくに、夜間での勤務は実際従事してみると想像以上に大変だという声も多いです。

本当に自分にできる仕事なのかどうか、あらかじめ派遣会社に確認しておくことをおすすめします。

単純作業が多い

工場内での作業は同じ内容の繰り返しが多いため、たとえ作業内容が簡単であっても、飽きがきてしまうことも少なくありません。同じ内容の繰り返しだけでは、スキルが身につきにくいという点もデメリットです。

しかしながら、単純作業の中でもよりよい作業方法を考えたり、提案したり、改善方法を考えたりすることで柔軟な発想が身につくため、常に改善策を意識しながら作業をすることをおすすめします。

まとめ

製造業の派遣社員として働く際には、事務系や営業系などとの職種の違いから、労働環境に多くの違いがあるという点をあらかじめ理解しておかなければなりません。勤務時間が不規則であったり、勤務地も郊外であったりするなど、イメージとのギャップが起こらないようにあらかじめ認識しておくことが必要です。

勤務条件が多彩で高い時給を得やすいというメリットがある反面で、肉体労働や単純作業が多く、向き不向きがつきまとうというデメリットも覚悟しておかなければなりません。メリットとデメリットを踏まえたうえで、製造業の派遣社員という働き方を検討することをおすすめします。

【大阪府】おすすめの製造業に強い派遣会社5選

イメージ
会社名ウイルテック/製造サービスの仕事UTエイム/JOBPALアウトソーシング/はたらくヨロコビ日総工産/工場求人ナビ日研トータルソーシング/e仕事
特徴資格取得支援や男性育休取得実績など働きやすい支援が豊富従業員2万人以上のUTグループ!福利厚生が充実国内大手メーカーで働けるチャンス多数!未経験OKの仕事も給与の前払いに対応!サポート体制も充実で安心経験を活かした仕事も、これから経験を積みたい人も仕事が見つかる
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索