工場派遣の勤務中に着用する服装選びのポイントについて解説!

公開日:2022/11/25  最終更新日:2022/11/29

工場の派遣社員を希望する方も多いのではないでしょうか。しかし、気になるのは服装です。派遣先が決まっても、どのような服装で出勤したらよいのかと不安に感じます。そこで当ページでは、工場派遣の勤務中に着用する服装の選び方やポイントについて解説します。また、顔合わせ時の服装もご紹介するので、しっかり確認しておきましょう。

工場派遣の勤務中に着用する服装選びのポイント

工場で使用する作業着については、各工場で対応はバラバラです。統一した作業着を支給するところもあれば、各自で用意するケースもあるでしょう。そのため、工場派遣で働くときは、作業着の支給有無によって服装選びが変わります。そこで、作業着ありと作業着なしのそれぞれのポイントを解説します。

作業着ありの場合

勤務先指定の作業着がある場合は、支給された作業着を着用します。ただし、どこから作業着に着替えるのかは工場によって異なるため、あらかじめ確認しましょう。

一般的には私服で通勤し、ロッカーで作業着に着替えます。作業が終われば、ロッカーで着替え、私服で帰宅するという流れです。しかし、工場の規模や作業内容、そして自社ルールにより作業着での通勤をOKとするところもあります。ちなみに食品関連の場合は、衛生面が厳しいため、作業着はほとんどの工場で支給になるかもしれません。

また、支給される範囲も確認が必要です。帽子、作業着、靴、保護メガネなど支給範囲次第で準備するものが変わります。

作業着なしの場合

作業着の支給がない場合は、自分で用意します。もちろん、工場ごとに適した服装があるので要注意です。汚れてもよい服装、動きやすい服装、勤務先の従業員に合わせた服装、そして各工場が推奨する服装などを参考に準備しましょう。

また、作業着ありと作業着なしのどちらも、出勤時の服装はほとんど自由です。しかし、完全な自由とは限りません。工場の中には規則を設けているところもあるので、事前に確認しておきましょう。

顔合わせの際に適した服装

工場派遣の顔合わせとは、実際に働く前に行われます。顔合わせと呼ぶこともあるうえ、工場見学の一環として実施するケースもあるでしょう。

目的は、どのような方が働くのかの確認です。もちろん、派遣社員にとっても職場雰囲気や従業員を確認する絶好の機会となりますが、自分の第一印象を決める大切なイベントだということを忘れてはいけません。

また、状況によって見学を実施する工場もあるでしょう。もし、工場見学ができない服装の場合は大変です。万が一工場見学が実施されることも想定し、できる限り露出の多い服装を避ける、ハイヒールなどを避けるといった対策が大切です。

スーツか私服

通勤は、一般的にスーツもしくは私服が適しています。スーツは、清潔感を感じるため、身だしなみに気をつければどの職場でも問題ないでしょう。また、私服の場合も、清潔感と身だしなみが大切です。

あまりにも派手な服装、だらしない着こなし、短パンにサンダルといった服装は好ましくありません。どこかに遊びに行く服装ではなく、一般的な社会人の服装がベストです。

業務にあたる際の服装を表す言葉のひとつにオフィスカジュアルがあります。オフィシャルカジュアルとは、カジュアルだけど仕事ができる服装といった意味で、通勤時によく使われるコーディネートです。

髪も整える

いくら服装を清潔に着こなしても、髪が整っていなければ意味がありません。もちろん、働き出せば、帽子やヘルメットなどの影響で髪形は崩れます。しかし、顔合わせは働く前の段階ですから身だしなみは大切です。もし朝起きて寝ぐせなどがあった場合は、しっかり直して清潔感のある姿で顔合わせに挑みましょう。

足元も気をつける

顔合わせのときは、足元にも気をつけましょう。ここでご紹介する足元とは靴のことです。サンダルやかかとを踏み潰した状態の靴は、第一印象を悪くする原因になります。また、このような靴で工場見学は非常に危険です。

工場派遣の服装に関する注意点

派遣社員として働きだしてからも、服装には充分気をつけましょう。まず、気をつけたいのが着こなしです。ボタンを外す、作業着から下着が見えているといった状態は、見た目がよくないというだけでなく、作業にも支障がでるかもしれません。

また、作業着が機械に巻き込まれ、大事故につながる危険性もあります。正しい作業着の着用方法や工場が推奨する着用方法をしっかり守りましょう

清潔に保つ

作業着は、いつも清潔に保ちましょう。もちろん、仕事をする以上、作業着が汚れるのは当たり前のことです。しかし、まったく洗わない状態と洗ったけれど汚れが落ちてない状態は異なります。

また、油やグリスが付着したままだと、商品を汚してしまうかもしれません。作業着の汚れを完全に落とすことは無理でも、清潔に保つ努力は怠らないようにしましょう。

まとめ

工場で派遣社員として働く場合は、会社や業務に適した服装で出勤しましょう。ただし、使用する作業着は、会社ごとに異なります。一般的には支給が多いかもしれません。支給される場合は、正しく着用し、自分で用意する場合は会社や業務に適した作業着を探すことが大切です。

また、顔合わせは自分の第一印象を決めます。清潔感を大切にして、工場見学をすすめられても問題ない服装で挑みましょう。

【大阪府】おすすめの製造業に強い派遣会社5選

イメージ
会社名ウイルテック/製造サービスの仕事UTエイム/JOBPALアウトソーシング/はたらくヨロコビ日総工産/工場求人ナビ日研トータルソーシング/e仕事
特徴資格取得支援や男性育休取得実績など働きやすい支援が豊富従業員2万人以上のUTグループ!福利厚生が充実国内大手メーカーで働けるチャンス多数!未経験OKの仕事も給与の前払いに対応!サポート体制も充実で安心経験を活かした仕事も、これから経験を積みたい人も仕事が見つかる
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索