工場勤務向いている人・向いていない人

公開日:2022/11/25

工場勤務にどのようなイメージを持っていますか。実際に働いたことがなければ実態が分からないため、向き・不向きを判断するのが難しくなってしまいます。そこで、今回は工場勤務の仕事内容について解説し、給与や待遇についても詳しく紹介します。どのような人に向いているのか参考にしてください。

工場での仕事の内容とは

工場の仕事内容は非常にさまざまです。応募する求人によってどのような仕事をするか変わってくるため、求人情報はしっかり確認しておきましょう。

主な仕事としてライン作業があげられます。工場はものづくりをするところであり、材料を加工して1つの製品を作り上げます。その過程でさまざまな作業が行われるのですが、それに従事するのがライン作業です。材料が正しく使われているか・不純物が混ざっていないかチェックする、機械を扱うといった比較的複雑な作業から、分量を量る、梱包、シール貼りなどの単純作業まで幅広い業務内容になっています。

そのほかに、指定されたものを見つけるピッキング作業や、人員・生産を管理する業務もあります。工場で勤務するからといって必ずものづくりに従事するのではなく、管理者としてまとめ役を任されることもあるのです。

事務職や清掃業務もある

職員の勤務や給料、物品を管理する事務員は、工場に限らずどんな職場でも欠かせません。また、工場が広かったり使用する機械が多かったりする場合、清掃員として雇われるケースもあります。

組立作業

組立作業は、部品や製品をマニュアルにしたがって組み立てる仕事で、一般的には「ライン作業」とも呼ばれます。

そんな組立作業は、自動車工場や半導体工場、電子部品工場などさまざまな工場で行われています。複雑な工程がなく、同じ作業を繰り返すので初心者でも働きやすいのが特徴です。

たとえば、自動車のエンジンの組み立てでは、特定の部品を一定の順序で取り付ける作業が繰り返されます。ただし、エンジンの部品は重いため、扱う製品によっては肉体的負担が大きいでしょう。一方、半導体工場では、微細な部品を正確に取り扱うことが求められるため、機械操作の知識や専門的な資格が必要です。

同じ作業を繰り返すため、退屈だと感じてしまう人も少なくありません。そのため、淡々と同じ作業をこなすことが得意な人に向いています

検査作業・検品作業

検品作業は、製造業や物流業において、完成した製品に問題がないかを確認する重要な仕事です。製品に不良はないか、異物混入していないか、きちんと作動するかなどを細かく確認します。

たとえば、自動車部品の製造工場では、エンジン部品やブレーキパッドの小さな部品から、車体やボディパネルなどの大きな部品まで、さまざまな製品を検査・検品します。そのため、製品のサイズや種類に関係なく、高い集中力と細かい作業が求められます。

複雑な工程がなく、未経験でも比較的簡単に働けますが、チェック漏れやミスがあると、不良品が顧客に届く可能性があるため、非常に責任重大な仕事です。

そのため、1人で黙々と作業を進められる、集中して作業することが得意な人に向いています。また、座って行う場合も多く、体力や筋力は必要ありません。年齢や性別に関係なく活躍できるでしょう。

仕分け・梱包作業

仕分け・梱包作業は、製品をカテゴリーごとに整理し、梱包していく仕事で、軽作業とも呼ばれます。

具体的に梱包作業とは、製品を安全に配送するために、ダンボールなどの梱包材に詰め込み、配送できる状態に整える作業です。一方、仕分け作業では、梱包前と梱包後それぞれに作業内容が異なります。梱包前の仕分け作業では、指示書や伝票に基づいて製品を分類し、梱包作業を効率的に進めるための準備を行います。梱包後の仕分け作業では、伝票に記載された配送先ごとに荷物を分類し、正確に配送先に届けるための準備を行うのです。

仕分け・梱包作業は、専門的な知識や経験は必要ありません。未経験者でも始めやすく、黙々と作業に取り組めるため、コミュニケーションの必要性が少ないのが特徴です。

しかし、製品を仕分ける際には、類似した商品やバーコードの数字などを正確に判断しなくてはいけません。作業は単純ながらもスピーディーな対応が求められ、集中力が必要です。慣れるまでは大変かもしれませんが、継続することでスキルが向上し、作業が楽になるでしょう。

ピッキング

ピッキングは、工場や倉庫で製品を探し出し、指定の場所まで運ぶ仕事です。単に商品を見つけて集めるだけではなく、効率的で正確な方法で商品を取り扱う必要があります。

ピッキングのやり方も、シングルピッキング、トータルピッキング、マルチピッキングに分けられます。たとえば、シングルピッキングでは、指示書に従いながら製品を集め、必要な分だけカートなどに入れて行く方法です。

一方、トータルピッキングでは、複数の注文をまとめて一気に商品を集め、最終的には注文ごとに仕分けます。一度で多くの商品をピッキングするため、最終的には仕分け作業が必要です。

マルチピッキングは、シングルピッキングとトータルピッキングのよさを兼ね備えており、商品を集めるだけでなく発送先ごとの振り分けも同時に実施します。

ピッキングの仕事は未経験者でも歓迎されますが、倉庫内を移動する体力や間違えずに製品を選び取る注意力が求められます。そのため、体を動かすのが得意な人に向いているでしょう。

機械オペレーター

機械オペレーターは、金属加工や精密機械の組み立てなど、機械を操作して製品を作る仕事を担当します。そのため、金属の特性や工具の使い方、機械の操作方法やデータ入力など、専門的な知識が必要あり、比較的頭を使う作業といえるでしょう。

一般的に、特別な資格は必要なく未経験者でも働けますが、経験者が優遇される傾向にあります。また、専門的な知識や技術が求められるため、最初は慣れるまで大変かもしれません。

しかし、ある程度仕事を覚えれば、1人で黙々と作業を進められます。また、体力はあまり必要とされないため、年齢や性別に関係なく働け、女性も多く活躍しているのが特徴です。そのため、機械オペレーターは「機械操作が得意な人」に向いています。

フォークリフト

フォークリフト作業は、運搬用車両であるフォークリフトを操作して、決められた場所に部品や荷物を運ぶ仕事です。フォークリフトを活用することで、人力では運搬が難しいほどの量や、人の手では届かない高い場所にある荷物を上げ下ろすことも可能です。そのため、多くの工場でフォークリフト作業は重宝されています。

また、フォークリフトで作業するには、国家資格である「フォークリフト運転技能講習」を受けて免許を取得する必要があります。

資格を取得するためには、受験資格がなく、計35時間の講習を受ければ取得可能なため、比較的ハードルは低いでしょう。また、資格を取得すると資格手当が支給される工場もあります。体力が必要ないため、女性でも活躍でき、機械操作が得意な人に向いている仕事です。

管理系業務

管理系業務には、製造工程を調整する生産管理や、製品の品質を監視する品質管理、設備が正常に働くか管理する設備保存、従業員の安全をサポートする衛生管理など、多岐にわたります。

企業の生産性や製品の信頼性を確保する上で、責任がともなう極めて重要な役割を果たします。責任が大きい反面、待遇がよいのが特徴です。

しかし、管理するそれぞれの分野では、特定の知識や経験が必要とされるため、未経験やアルバイト、派遣社員が就くのは簡単ではありません。

また、管理系業務では資格取得が重要なキャリアパスです。たとえば、管理責任者の資格を取得することで、より高いポジションに昇進できるでしょう。

企業の生産ラインや製品の品質を管理するという責任感を持ち、マネジメント経験を積んでいる人にとって、管理系業務はやりがいのある仕事でしょう。

工場勤務になったら給与や待遇はいいの?

工場勤務の場合、早朝帯・深夜帯など普通のサラリーマンが働かない時間に稼働することも考えられます。過酷な仕事ではありますが、その分手当てがついて給与面が優遇されます。工場は仕事が大変であるため、社員のやる気やモチベーションを維持するために福利厚生の充実をはかっている企業が多くなっています

過酷な勤務で体を壊さないよう健康診断の内容が豊富、ジムやスポーツクラブに通うのをサポートしてくれるなど、健康面のサポートが多い点が特徴的です。また、工場近くに寮や社宅を用意して、経済的負担を減らしてくれる企業もあります。

働くなら正社員を目指すのがおすすめ

工場勤務にはたくさんの魅力がありますが、パートやアルバイト、契約社員の場合、低い時給や決まった給与で長く働かされることもあるかもしれません。給与・待遇面を考えるなら、正社員として工場勤務することをおすすめします。

まずはパートや契約写真で入職し、正社員登用を目指すという方法もあります。ただ、すべての企業が正社員登用に対応してくれるわけではないので、応募の際に求人票を確認しておきましょう。

工場勤務のメリット・デメリット

工場勤務は2交代、3交代制度が採用されているところが多くなっています。早朝や深夜のシフトに入れば、その分もらえる給与が高くなるのです。また、人によっては日中ではなく夜の方が効率よく働ける人もいるでしょう。さまざまなライフスタイルにあわせて働ける点が魅力的です。

作業は時間で区切られている傾向があり、無駄な残業が発生しにくいという特徴があります。実力主義の社会であることから、学歴や今までの経歴ではなく現在の職場にどれほど貢献したかで評価が決まります。その分仕事を頑張らなければいけませんが、頑張った分報われることにつながっていくといえるのです。

デメリットも考慮

正社員以外で働いている場合、工場の動向や経営状況によって契約が打ち切られる可能性があります。また、仕事中は常に集中する必要があるため、体力的・精神的負担が大きくなってしまいます。スピードと正確さ、どちらも重要で慣れるまではプレッシャーを感じてしまうことが考えられます。働く曜日や時間帯が決まっていないことも多いので、事前に求人を確認して納得したうえで応募することをおすすめします。

工場勤務に向いている人の特徴とは

工場勤務に向いているのは、1人で集中して黙々と作業できる人です。自分の役割が決まっていて、1つのポジションに1人だけ配置されることも多いでしょう。そのため、いち早く仕事を覚えて作業を繰り返し行うことが得意な人が向いています。集中力は必要ですが、肉体労働の側面が大きいため体を動かすことが好き・得意な人におすすめです。細かい作業に従事する場合、手先の器用さも求められます。

向いていない人

働く時間や曜日が決まっていることを希望する人は、あまり工場勤務に向いていません。変則的なシフトが多いからです。また、単純作業をずっと続けることが苦手、1人で仕事するのは不安、機械操作や検品・ものづくりに興味がないという人も、工場以外で働いたほうがよいでしょう。

まとめ

工場勤務について紹介し、向いている人・いない人の特徴を解説しました。働く曜日や時間が決まっていないことが多く、単純作業から機械の操作まで仕事内容が幅広いのが工場勤務の特徴です。

過酷な仕事も多いですが、その分正社員の給与や待遇が充実しているというメリットがあります。集中して作業に取り組める人や、体力・精神力に自信があってお金をたくさん稼ぎたいという人は、ぜひ工場勤務を検討してください。

【大阪府】おすすめの製造業に強い派遣会社5選

イメージ
会社名株式会社ウイルテックアウトソーシング/はたらくヨロコビ日研トータルソーシング/e仕事UTエイム/JOBPAL日総工産/工場求人ナビ
特徴資格取得支援や男性育休取得実績など働きやすい支援が豊富国内大手メーカーで働けるチャンス多数!未経験OKの仕事も経験を活かした仕事も、これから経験を積みたい人も仕事が見つかる従業員2万人以上のUTグループ!福利厚生が充実給与の前払いに対応!サポート体制も充実で安心
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索
製造業派遣関連コラム