製造業への志望動機の書き方

公開日:2022/11/28

これから製造業の仕事に就きたいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。製造業への志望動機の書き方について紹介します。確実に採用されるためには、いくつかのポイントを踏まえて記載する必要があります。志望動機は採用を左右する大事な項目なので丁寧に記載するようにしましょう。

志望動機の書き方にはコツがある?

採用担当者はたくさんの志望動機に目を通しています。ワンパターンな文章や幼稚な印象を与える文章は、それだけでマイナスの印象を与えてしまうので注意しましょう。ここでは志望動機の書き方のコツを紹介します。

印象的な書き出し

最初の1行でよい印象を与えてライバルと差をつけましょう。最初に結論を持ってくることで、伝えたいことを伝えられます。自分の強みや性格を知ってもらえるように印象的な書き出しにしましょう。

分かりやすい構成

企業の採用担当者は、限られた時間の中でたくさんの志望動機に目を通しています。文章が上手である必要はありませんが、読みやすいように文章をまとめるようにしましょう。

結局何がいいたいのか分からない文章や、まとまりのない文章は幼稚な印象を与えます。国語力に問題があると思われる可能性もあるので、自信がない人はテンプレートを参考にして構成を学びましょう。

等身大の決意表明

自分の能力や性格に合った文章にしましょう。たとえば、勤務未経験者が必ず結果を出すと記載すると違和感を覚えます。反対に、勤務経験者が迷惑をかけると思うと記載すると不安感を覚えます。

自己アピールと決意表明は等身大の自分を演じるようにしましょう。あまり謙虚になりすぎず、自信過剰な印象を与えなければ問題ありません。

志望動機で書いてはいけないNGなこととは

志望動機では本音と建前を上手に使い分けるようにしましょう。職場と自宅が近くて嬉しい、給料が高くて嬉しいというような内容は志望動機に該当しません。そのため、次は志望動機に書いてはいけないことを確認しましょう。

どの企業にも当てはまる志望動機

複数の企業に応募している人がほとんどなので、なかには志望動機の内容を使いまわしている人もいるでしょう。内容に具体性がなければそのようにとらえられてしまいます。そのような人員を採用しても簡単に退職してしまうのではないかと企業は考えるため、採用される確率は低くなります。

受け身すぎる志望動機

自己成長するために企業に就職するのは悪いことではありません。しかし、社会人なので価値を提供できなければいけません。自己成長は見方を変えると受け身です。企業で勤務することで成長できるととらえているようではいけません。また、そのように企業から受け取られないように文章で表現しましょう。

待遇のみに言及している志望動機

給料や福利厚生のみ言及するのは避けましょう。たとえば、給料が高いので志望すると記載した場合、今よりもさらに給料が高い働き口があればそちらに向かうことが想像できるので、そのような人員を積極的に採用したいとは思わないでしょう。

労働者にとって給料や福利厚生は魅力的ですが、一番の魅力が働き甲斐であるべきです。働き甲斐を全面に出してアピールしましょう。

製造業向け!志望動機の書き方とは

ありきたりな志望動機ではなく、選んでもらえるような志望動機にしましょう。最後に、製造業向けの志望動機の書き方を紹介します。

職種に合わせた志望動機を書く

現場労働には体力が必要です。体力に自信があることをアピールしましょう。体力を維持するために取り組んでいることや実績などがあれば記載するようにします。

また、勤務経験者と勤務未経験者によって記載内容が異なる部分があるので気を付けてください。勤務経験者はこれまでの実績をアピールします。勤務未経験者はこれまでの職業と製造業の仕事内容の共通事項を見つけて、自分も戦力になれる旨をアピールしましょう。

企業研究でほかの応募者と差をつける

企業のホームページに目を通すようにしましょう。企業理念や設立した年などはホームページを確認すれば分かります。募集要項しか目を通していない人がいるので、そのような人たちと差をつけられます。また、企業理念のどの部分に共感するのか、自分が社員として企業に所属することで、どのような価値を提供できるのかを明確に表現しましょう。

第一志望である理由を書く

企業が人員を採用するときは、第一志望の人員を確保したいと考えています。そのため、第一志望であれば、その理由を志望動機に書きましょう。企業研究で理念や方針を踏まえながら文章にします。

この際、具体的なエピソードがあれば盛り込んでみるとよいでしょう。たとえば、幼い頃から自動車が好きで第一志望の企業の製品に憧れを持っていたエピソードや、社長の講演会に参加したことがあるエピソードなどは強みになるでしょう。注意点として、ファンであることを公言するだけの内容にならないようにします。

まとめ

注意点とポイントを踏まえて紹介しました。文章を書く自信がない人は、記載した志望動機をほかの人に読んでもらいましょう。そこで客観的なアドバイスをもらうことで、よりよい志望動機となります。

また、自分で声に出して読んでみるのもおすすめです。目で文字を追うだけでは微妙な音の響きやいい回しの違和感に気が付きにくいからです。ライバルに差をつけるためにも、志望動機にはこだわりを持って選ばれるように努力しましょう。

【大阪府】おすすめの製造業に強い派遣会社5選

イメージ
会社名ウイルテック/製造サービスの仕事UTエイム/JOBPALアウトソーシング/はたらくヨロコビ日総工産/工場求人ナビ日研トータルソーシング/e仕事
特徴資格取得支援や男性育休取得実績など働きやすい支援が豊富従業員2万人以上のUTグループ!福利厚生が充実国内大手メーカーで働けるチャンス多数!未経験OKの仕事も給与の前払いに対応!サポート体制も充実で安心経験を活かした仕事も、これから経験を積みたい人も仕事が見つかる
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索