製造業は残業が多い?派遣スタッフは残業を断ることはできるのか

公開日:2023/08/15  最終更新日:2023/05/19

大阪の派遣を調べると、数多くの製造業の募集を見かけます。製造業は人々の生活を支える仕事であるため、とてもやりがいを感じられます。しかし、製造業を調べると残業が多いという言葉を目にします。本当に残業が多いのか、残業代はちゃんと支払われるのか、製造業と残業の関係についてこの記事で解説します。

製造業は残業が多い?

製造業は一般的にシフト制なので、働く人が十分に確保できていれば残業になることはほとんどありません

しかし体調を崩した、子どもが熱を出したなどにより、当日仕事を休まなければいけないスタッフが発生した場合は、残業になる可能性があります。また、募集をかけても応募者が集まらず、常に人員不足の職場だと残業の回数も多いでしょう。

さらに、特殊な業務を必要とする製造業の場合、スキルや技術のあるスタッフが限られることで残業につながることもあります。特別な技術やスキルは、ほかのスタッフを教育する時間が多く必要になります。教えながらの業務になるため、残業になりやすい傾向があります。

残業を避けた職場に働きたい場合

多くの製造業は残業がほとんどありません。とはいえ、できることから残業が少ない職場で働きたいという人も多いかと思います。

ネットで製造業の派遣を探す際、検索ボックスにある残業の少ない職場などが書かれたワードにチェック入れて検索しましょう。そうすることで、残業の少ない職場だけがヒットするため、自分の希望どおりの職場を探し出せます。

また、製造業に強い派遣会社に登録して、担当スタッフに残業の少ない職場を探してもらうのもおすすめです。製造業に強い派遣会社であれば、多くの派遣情報をもっていたり外には出ていない求人があったりします。

残業代はきちんと支払われる?

ほとんどの製造業の会社では、残業した際に残業代が支払われます。大手・中小どちらにも当てはまることであり、会社もよいイメージを保つために労働基準法は十分に守っています。

もちろん、派遣スタッフであっても残業代はしっかりと出ます。ほとんどの会社は派遣会社と、働いた分だけ給料を支払うという契約がされています。残業代を支払わなかったら派遣会社との信頼関係にもヒビが入ってしまうため、残業代の未払いは発生しないことがほとんどです。

残業代は割増の対象?

残業すれば割増賃金の対象になって、たくさんの残業代がもらえるわけではありません。あくまでも割増賃金は、法定労働時間を超えたときに発生するものです。

派遣スタッフは残業を断れる?

派遣だから残業をお願いされても断れる、と考える方もいらっしゃるかと思います。しかし結論からいいますと、契約内容によって「断れる・断れない」が発生します。

契約内容に残業についての規定が示されている場合は、原則残業を断れません。契約内容は就業条件の箇所に残業のことを記載されているケースがほとんどです。残業は1日3時間以内、1か月20時間以内とするなどの記載があれば残業OKと判断されるため、特別な理由がない限りは断ることができないでしょう。

一方で残業を断れる場合は、契約書に残業に関する規定が示されていないことです。そのため、残業をお願いされても規定に記していないと伝えれば残業を断れるでしょう。

また、派遣会社と派遣スタッフの間で労働基準法36条の協定が結ばれている際は、契約書に残業の記載がなかったとしても断れません。労働基準法36条には、時間外や休日労働について記されており、労働時間を超えての労働をする場合に協定を結ぶことで残業ができる仕組みとなります。

もし、労働基準法36条が結ばれていなくて契約書にも記載なしであれば、残業を断れます。

残業を断りたいとき

契約書に記載されていたり、労働基準法36条の協定が結ばれていたりする場合に、残業を断りたいときはどうやって断るのがよいのでしょうか。ここでは残業を断るポイントをご紹介します。

まず、仕事後の予定がわかっている場合は、早めに職場の人に残業ができないことを伝えましょう。残業をお願いされてから断るよりもスムーズであり、相手も事前にわかっているためほかのスタッフを探す時間に当てられます。

次に優先度の高い仕事からはじめましょう。製造業だと仕事の優先度が見えにくいため、職場の人にその日の優先度を聞いておくとよいでしょう。優先度の高い仕事から進めていくことで、残業の確率が減らせたり効率よく仕事が回せたりするなどのメリットがあります。

まとめ

大阪の派遣にはたくさんの製造業の求人があるため、働いてみたいと前向きに考える方もいるでしょう。とくに、はじめて製造業で働く方は残業が多いのか判断が難しいところです。

ほとんどがシフト制で勤務を組んでいるため、残業になることは少ないでしょう。しかし、当日欠勤する方もいるため、そのような際は残業を職場からお願いされるかもしれません。

派遣の契約内容などによって断れる・断れないは変わってくるため、前もって就業内容をしっかりと把握しておきましょう。派遣で残業はほとんどしたくない場合は、残業の少ない愛車に絞って求人を探すことが大切です。

【大阪府】おすすめの製造業に強い派遣会社5選

イメージ
会社名株式会社ウイルテックアウトソーシング/はたらくヨロコビ日研トータルソーシング/e仕事UTエイム/JOBPAL日総工産/工場求人ナビ
特徴資格取得支援や男性育休取得実績など働きやすい支援が豊富国内大手メーカーで働けるチャンス多数!未経験OKの仕事も経験を活かした仕事も、これから経験を積みたい人も仕事が見つかる従業員2万人以上のUTグループ!福利厚生が充実給与の前払いに対応!サポート体制も充実で安心
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索
製造業派遣関連コラム